念願のキッチン棚をDIY!

DIY
キッチンで立っている時間が多い私。より心地よく過ごせたら、と自分の作業スペースとカフェグッズ置き場、収納を兼ねたデスクを作ろう!と決めました。
今までにDIYで、ウォールラックやランドセルラックを作ったことがありました。どちらも電動ドライバーを使う作業に苦戦しました。
電動だからラクなのかと思ったら、意外と力が必要でしっかり固定していないと、すぐネジがずれて曲がってしまいます。
穴も目立つため、見た目も悪くなります。この経験を思い出して、今回はいらない板を使って練習をしました。

まずは設計。デスクの下には、ゴミ箱・ホームベーカリー・米が置けるようにしました。
デスクはカラフルなタイル張りにし、明るく楽しい気分になれるようにしました。
棚は、カフェ用のカップ・コーヒー・紅茶・簡単な洋裁グッズ・文房具を置けるスペースを作りました。

ホームセンターに木材を買いに行きました。沢山あっていつも迷います。しかし、値段の高い木材も多いので消去法でお手頃な物の中から選びます。
大きい一枚の板から分割してもらうことにしました。大きいままだと車に乗らないし、家で切ると途方に暮れてしまうので、このサービスは助かります。
ランドセルラック同様、初心者をアピールして設計図を見せて切ってもらいました。
明るく見えるよう、白いペンキも買いました。

家に帰ると、木材の細かい調整が必要なものをのこぎりで切っていきます。
以前、少しのこぎりの刃が当たっただけで結構な出血をしたので、のこぎりは怖く慎重にやりました。
木材全体にやすりをかけました。地味な作業で疲れますが、ささくれている部分もあるので丁寧にやります。
その後、ペンキ塗りです。するするする~っと流れるように塗れて気持ちが良いです。
表側は塗りやすいのですが裏側が塗りにくいので、いらない木を台にして立てかけて、表側が少し乾いてからひっくり返して裏を塗りました。
ペンキのハケも固まりやすいのがいつも困ります。なので、固まる前に塗って~と慌ただしい作業でもあります。
少しアンティークな感じにしたいので、あえて粗塗りに仕上げました。

塗り終わると、設計図通り木材を組み立てていきます。いよいよ電動ドライバーです。
木材をしっかり押さえ、まっすぐすすめ~と祈りながら。1か所失敗してやり直しましたが、前回よりは成長したような気がします。
ランドセルラックのときは、棚が水平ではなくなってしまったので、水平になるように機械を使って確認しながらやりました。
最後にデスクに100円均一で買ったかわいいタイルをランダムに貼って、カップなど思い思いのものを並べて完成です。

このスペースを見ると幸せな気分になります!
一休みしたいときここで作業してコーヒーをいれる、単純な作業だけどとても充実しています。
願っていた通り、心地よいスペースに生まれ変わりました。