知人の薬剤師から聞いたセルフメディケーションで医療費が削減できる話

セルフメディケーションという言葉が最近、薬局で目にします。
セルフメディケーションは日本語として、自主服薬といいます。
この言葉は個人が市販薬を利用して、自身の健康を自らがケアをしていくこと(セルフ)によって、医療機関に行かずとも医療費を抑えていくことができるということです。

医療費は年々高騰しています。
特に少子高齢化社会においては高齢者の保険医療費は高騰し続けていますが、セルフメディケーションによってこの医療費を削減することに寄与ができるのです。
保険を利用して医療機関を受診することで、個人の負担自体は少なく見えるのですが、政府としては、高騰する医療費に対する税金投入が年々増え続けることにより、最終てきには個人への税金負担額が増えてしまいます。
この将来的な税負担増加を抑えるために、2017年1月からは医療費控除の特例として、セルフメディケーション税制が施行されています。

例えば、ドラッグストアなどで販売されている市販薬において、このセルフメディケーションの減税対象のものを購入すると、購入金額によって減税されます。
厚生労働省からの説明としては、対象医薬品の購入金額が12,000円を超える場合、この超える金額を総所得分から控除するしくみです。
このしくみを利用した場合、課税所得が400万円の方が対象医薬品を年間2万円購入することにより、8,000円が控除され、所得税は8,000円の20%である1,600円、住民税は8,000円の10%である800円が減税となります。
なお、対象の医薬品は全てではなく、簡単に、かつ比較的手軽に治療がしやすい疾患への医薬品となります。
その中には、風邪薬や、胃腸薬、鼻炎用内服液、水虫、たむし用薬、肩こり、筋肉痛、腰痛、関節痛の貼り薬が対象となります。

また、このセルフメディケーションの医療費控除を受ける場合では、通常の医療費控除は適用を受けることができませんので注意しましょう。

私は、このセルフメディケーションのことを知人の薬剤師から聞きました。
知人は時給5000円を超える調剤薬局に勤務しているのでとても忙しいのですが、この間久しぶりに会う機会があり、こんな話題になったのです。
【薬剤師求人時給5000円】

知人に聞くまで、こんな制度があることなんて全く知らず・・・。
今までもったいないこともしてるのかもと思い直しました。
これからは国のいろんな制度もよく理解して、自分の生活の中に取り入れていきたいと思います。

尼崎の健康診断に行った病院は姉が看護師として働く病院だった!

職場の健康診断を受けるために、尼崎市にある尼崎医療生協病院へ行きました。
この病院は会社指定の健康診断の病院なのですが、実は実の姉が看護師として働いているのです。
それを知ったのはつい先日(笑)
なぜかというと、以前は個人クリニックで働いていると聞いていたので、あれれ?と思っていると、こちらで先月転職したばかりなんだそう。
<<看護師求人|尼崎市で好条件の職場の探し方【※私の転職体験談】>>

そんな姉も働く病院で、なんと血圧で引っ掛かってしまいました。
かつては低血圧で悩んだ私にも、ついにその時代が来たようなのです。
上が142の境界域血圧ということで、要再検査という結果でした。
去年は135位でしたので、1年間朝から駆けずり回りカッとなることが多かったのかしらん。

この数値で問題なのは、血縁の家族に高血圧患者がいたことです。
子供の時から体質がまったく違い私は冷え性でしたが、遺伝的な要素もあるはずのため、要注意でしょう。
要再検査の通知をもらってからどうしようかな~と、家の血圧計で測っていたりすると、まあ、気にしていた上は130代のためそのままになっておりました。

ある時、病院へ身内を連れて診察を受けに行った際、院内に数か所設置されている自動血圧計に目が留まりました。
特に診察室前の待合廊下に置いてある、高性能な血圧計が気になりました。
無料で血圧を計測してくれるうえ、結果がレシートでプリントアウトされるその血圧計はかなり人気があり、たえず患者やだけでなくその付き添いの人まで図るため、なかなか空いているときがありません。

よし、再検査をここの精密そうな機械で済まそうと、まずは身内に計測を勧めてみました。
初めての事なので半分怖がって嫌がってしまうので、それじゃあ私やってみる、と心の中でチャンス!と思い腕を差し込みました。
パイプ椅子と机の上にセットされているのですが、女性で小柄な私は腕を心臓の位置より上にあげた状態になってしまうため、計測結果は高くなりそうだと予測していたものの、やはり境界域血圧の数値がプリントされてしまいました。

これまで患者とその家族の計測数値をなんとはなしに横目で見てきたため、その中でも私の数値は高めだなと思っていたところ、普段は診察の順番が来て患者を呼ぶ声しか聞こえない診察室のドアがガチャッと開くと、看護婦さんが中から出てきました。
すると何も言わず、そばに立っていた私を上から下までじいっと見ると黙って部屋に戻って行きました。
そしてまた、受付のブース内にいた看護婦さんも待合廊下に入ってきて、やはり同じく私の頭の先から足の先までじぃっと見て黙って帰っていきました。
血圧計で何か異常があると、知らせるシステムがあるようです。
ちょっと高いかしらねえ、くらいの反応のようです。

診察は、ここのところずっと安定している状態を確認するだけの事務的なやり取りが繰り返されていたのですが、この日の担当医の目はキラッキラッに輝いており、楽しそうと言っては悪いけれど表情も生き生きしていました。
予測される症例の一つを確認して、少し新鮮だったかしら…。
この後も事務的な診察は続いているため、患者とその身内なりに毎回でなくても何か新鮮さがあるように、ではなくせっかくの機会を活かして良い方向に持って行かねばと考えております。

土日も開いている素敵な薬局を見つけました!

最近、薬局って本当に沢山ありますよね。
特に病院の近くには何件も何件も…。

皆さんはどんな薬局を選んでいますか?立地?薬剤師さんの対応?
私は個人情報を書くのが面倒なので、大抵同じところに行っています。
子供の皮膚科の塗り薬はもう少しでなくなるくらいに皮膚科にかかるので、三日以内にいつもの薬局にいけばいいやと思っているくらいなのですが、あるときこんな薬局に出会いました。

それは、かなり大きな大学病院にかかった時のことです。
周りには薬局が沢山。
帰りがけによればいいやとバス停のそばにあった薬局をチェック。
どこもそれほど待つ様子はありませんでした。

友人がそこで出産をして入院中だったので、お見舞いに行こうと思っていたのですが、若干約束の時間まで待つことになりました。
病院の中で待つのもなんだか気が引けて、周囲を散歩することに。
何棟もある大学病院は所々が渡り廊下でつながっていて、かなりの規模になっています。
バス停も駅も遠くなる方向へ、渡り廊下の下を歩いて行きました。
住宅街のようなところに入ったあたりにポツリと一件の薬局が。

この立地じゃ、近所の人しか来なそうだなあという印象を持ちましたが、小綺麗な薬局でした。
どうせ待ちの時間だし、ここでお薬もらっちゃおうと、何気なく入ったのです。

中にはコーヒーやジュースの出てくる浄水器的な機械が。
カウンターにはアメの入ったカゴが。
なかなかのサービスです。

子供ができてからは、薬局でもらうシールが楽しみになったのですが、こちらにもシールの入ったかごがありました。
ちなみに、いつもいくところはケロちゃん的なちょっとしたオモチャまで「ご自由にどうぞ」と置いてあるので、ここまでならいつもの薬局と大差はないと思いました。

この日は子連れではなかったので、シールはもらえないだろうから、おとなしく待っていました。

お薬できましたーと呼ばれ、説明を受けて変える支度を整えていたら「よかったらどうぞ」とかごを差し出され…
中にはなんと可愛らしいハンドタオルの山!

えっ!いいんですか?とウキウキしながら選びました。
「子供が使うからー好きなキャラクターのものがいいですねー」と何枚かの中から一枚チョイス。すると…
「ママとパパのぶんもどうぞ持っていって下さいね」と!
なんて親切!図々しくいただいて帰りました。

薬局もサービスしないと生き残れない時代なのかな・・・。
でも、とても良い薬局に巡り会えてよかったです。
しかも、こちらの薬局は、平日以外に土日も開局しているそうです。
働く薬剤師さんや受付の方は大変かもしれませんが、とても有難いですよね。

またあの大学病院にかかる際には、ぜひ足を運びたいと思っています。

思い通りに行かない婚活と婚活サイト

私は、婚活パーティーに行ったりして、婚活をただいま進めています。

ネットで、婚活パーティでの出会いについて調べてみたりしていると、婚活パーティーでマッチングをしてそこからデートに発展したという話を見たりしますが、なかなかうまくいかない私の婚活は、これからどうなろうんだろうなと思います。

私の知り合いで、婚活パーティーで知り合って、結婚をした人がいます。
婚活パーティーで知り合ったあとは、2年程お付き合いをして、それから結婚となったので、婚活パーティーに参加している人がみんな結婚を焦っているというわけではないみたいなので、私もゆっくりと相手の人を探していけたらいいなとは考えています。

私は、婚活パーティーは、基本的にひとつの会社が主催するところに、何度か行くようにしています。
というのも、システムがわかっていますし、安心できる会社だったので、新しいところに行くよりも安全かなと思っています。

ですが、同じ会社の婚活パーティーに参加をすると、前に見たことのある人がまた参加しているということがあります。
もちろん、相手の人から見ても私と同じことを思っていると思うのですが、そうなると、もう少し違うところでの婚活をしてみたほうがいいのかなと思うこともあります。

婚活サイト 無料会員というサイトもよさそうなので、こちらも利用してみようと思っています。

知り合いのように、婚活パーティーで出会って、そのまま結婚というのが理想なのですが、自分の思うようには行きません。
ですが、婚活パーティーに参加するときに、「あの時こうしておけば良かったな」と思う反省点があるので、次に行くときにはその反省点を直して挑めるように、頑張りたいと思います。

まず、プロフィールカードは、相手の人が私のことを興味を持ってくれるような内容にしたいと思います。
会話が楽しく続けば、相手の印象にも残ると思いますし、話して楽しかったと思えるような出会いにしたいと思います。

自分の自然体で会話をして、相手にも気に入ってもられるように、これからも努力をしていかないといけないなと感じます。

寄りを戻したいという素直な気持ちが一番大事!

好きな気持ちをストレートにぶつけて、復縁に成功しました。
元カレとの出会いは、2年前。彼氏がおらずノリで先輩と参加したときに出会った人でした。
仕事の話やプライベートの話でも気が合って、連絡先を交換し二人で飲みにいってすぐに交際がスタートしました。
順調に交際が進んでいましたが、お付き合いが始まって一年弱でお互い仕事が忙しくなったこと、それでも会いたいというわたしと一人の時間も大事にしたいという彼の気持ちのズレからギクシャクし、破綻。
お別れしたときは、嫌いになったわけではないから友達としてちょくちょく連絡は取りたいという彼に対し、それってどういう意味?私ってキープなの?!という意地で連絡もやめるし会うこともないよと私。
それでいったん距離をおきました。
そうはいっても別れてしばらく、考えることは彼のことばかり。ここで連絡したら負けだ、と自分に言い聞かせつつもやもやが半年ほど続きました。
そして、どうしても忘れられないと思い、寄りを戻すおまじないを試してみました。
そしたら彼の方から忘れられないなという思いの連絡をもらいました!
元気?っていう何気ない話題から、あのときは意地張ってて連絡しないって言っちゃったけどごめんね!また会おー!と連絡しました。
そこから具体的に会う日取りがすぐに決まりました。当日はお昼から会って、夜も結局お互い帰る気にはならず。気持ちを伝えるのに勇気はいりましたが、夕食まで行ったあと、お散歩してよりを戻そうかという話になりました。最後はお酒が入っていたので、いまでもやっぱり好き!と思いきり伝えることができたのがよかったと思います。
一度別れてお互いの性格を理解したこともあり、いまのところは持ちつ持たれつで順調です。
別れる前の頃より、お互いに変に気を遣わずに良いことは良い、ダメなことはダメと割り切って気楽におつきあいをさせていただいています。
苦しい時期もありましたが、年明けに入籍予定です。
相手にすがりすぎず、自分の気持ちに正直に、そして時期を待って相手に素直に伝えることが大事だと思います。

念願のキッチン棚をDIY!

DIY
キッチンで立っている時間が多い私。より心地よく過ごせたら、と自分の作業スペースとカフェグッズ置き場、収納を兼ねたデスクを作ろう!と決めました。
今までにDIYで、ウォールラックやランドセルラックを作ったことがありました。どちらも電動ドライバーを使う作業に苦戦しました。
電動だからラクなのかと思ったら、意外と力が必要でしっかり固定していないと、すぐネジがずれて曲がってしまいます。
穴も目立つため、見た目も悪くなります。この経験を思い出して、今回はいらない板を使って練習をしました。

まずは設計。デスクの下には、ゴミ箱・ホームベーカリー・米が置けるようにしました。
デスクはカラフルなタイル張りにし、明るく楽しい気分になれるようにしました。
棚は、カフェ用のカップ・コーヒー・紅茶・簡単な洋裁グッズ・文房具を置けるスペースを作りました。

ホームセンターに木材を買いに行きました。沢山あっていつも迷います。しかし、値段の高い木材も多いので消去法でお手頃な物の中から選びます。
大きい一枚の板から分割してもらうことにしました。大きいままだと車に乗らないし、家で切ると途方に暮れてしまうので、このサービスは助かります。
ランドセルラック同様、初心者をアピールして設計図を見せて切ってもらいました。
明るく見えるよう、白いペンキも買いました。

家に帰ると、木材の細かい調整が必要なものをのこぎりで切っていきます。
以前、少しのこぎりの刃が当たっただけで結構な出血をしたので、のこぎりは怖く慎重にやりました。
木材全体にやすりをかけました。地味な作業で疲れますが、ささくれている部分もあるので丁寧にやります。
その後、ペンキ塗りです。するするする~っと流れるように塗れて気持ちが良いです。
表側は塗りやすいのですが裏側が塗りにくいので、いらない木を台にして立てかけて、表側が少し乾いてからひっくり返して裏を塗りました。
ペンキのハケも固まりやすいのがいつも困ります。なので、固まる前に塗って~と慌ただしい作業でもあります。
少しアンティークな感じにしたいので、あえて粗塗りに仕上げました。

塗り終わると、設計図通り木材を組み立てていきます。いよいよ電動ドライバーです。
木材をしっかり押さえ、まっすぐすすめ~と祈りながら。1か所失敗してやり直しましたが、前回よりは成長したような気がします。
ランドセルラックのときは、棚が水平ではなくなってしまったので、水平になるように機械を使って確認しながらやりました。
最後にデスクに100円均一で買ったかわいいタイルをランダムに貼って、カップなど思い思いのものを並べて完成です。

このスペースを見ると幸せな気分になります!
一休みしたいときここで作業してコーヒーをいれる、単純な作業だけどとても充実しています。
願っていた通り、心地よいスペースに生まれ変わりました。